WiMAXのセキュリティ対策について、最新の暗号化技術とは

 

モバイルWi-Fiは便利そうだけど、セキュリティが不安という方も多いのではないでしょうか。

今回はモバイルWi-Fiの代表ともいえるWiMAXのセキュリティについてご紹介します。

さらにWiMAXで利用されている最新の暗号化技術についてもわかりやすく簡単にご紹介します。

 

暗号化技術

 

皆さんがインターネットのショッピングサイトでお買い物する時など、個人情報を入力してその情報を送信しているかと思います。このような重要な個人情報は第三者によって安易に入手できないように、実は暗号化されて送信されています。

つまり暗号技術と言うのは、第三者にデータの内容わからないような形に変換することまたはその変換したデータをもとに戻すための技術のことです。データそのものを第三者にわからない形に変換することを暗号化と呼びます。さらに暗号化されたデータを元に戻すことを復号と呼びます。

暗号化を行うために必要になるのはアルゴリズムと鍵です。アルゴリズムは平文をどんなふうに暗号化するのかを決めるもので、AESやRSAなどの技術を使います。鍵と呼ばれるものは暗号化をする時や複合の時に用いる秘密のデータです。こちらはアルゴリズムと異なり非公開です。鍵の非公開と言う言葉をよく耳にされるかと思いますが、非公開にすることで第三者は複合ができなくなることによりデータを守ることができるのです。

ちなみに暗号化の代表的なものとして、「共通鍵暗号方式」と「公開鍵暗号方式」の2つがあります。ここではなんとなく「鍵は2種類あるのだな」というくらいでイメージできれば大丈夫です。

それでは次にWiMAXで利用されているAESについて詳しく見ていきましょう。
AESとは「Advanced Encryption Standard(アドバンスト・エンクリプション・スタンダード)」の略です。高度な暗号化ということで何と比較して高度なのかということですが、

暗号化技術の誕生当初は、標準として使われていた暗号化の技術がDESというものです。

時代が進むにつれこの旧式の暗号化技術よりより高度なものが求められ、採用されたのがAESです。つまりDESより、高度になった暗号化技術ということです。

AESは2019年現在でアメリカで標準規格として採用されている暗号化のやり方です。そして先ほど説明した共通鍵暗号方式という暗号化の方法を利用しています。

共通鍵暗号方式とは、暗号化と復号で同じ鍵を利用する暗号化方式のことです。

このように暗号技術の世界は日々進化しているのです。

さらに無線LANの世界では、

・WEP

・WPA

・WPA2

という3つの通信内容を暗号化するやり方が存在します。より正確には、これらは通信内容を暗号化する際の規格のことです。

暗号化の技術には、規格と方式の両方あるということです。

WiMAXはこのWPA2とAESに対応しているのです。

より正確にいうならば、暗号化にはさらに認証のやり方も組み合わせていくため、

「WPA2-PSK(AES)」というように表記されます。

つまり最新式の暗号技術のWPA2で、現在の標準規格であるAESを採用し、さらに認証の方式はPSK、つまり事前に設定した暗号鍵を使う認証方式を採用しているという意味です。

WiMAXはこの「WPA2-PSK(AES)」を採用しているということなのです。

 

ネットワーク認証

 

さらにWiMAXのセキュリティーはネットワーク認証で守られています

WiMAXの電波を受信して、自分が使いたい端末機器であるスマートフォンやパソコンと接続するためには、SS IDとパスワードを入力してネットワーク認証しないとつながらないシステムになっています。

 

お勧めのWiMAXプロバイダは?

 

今回ご紹介するのは比較的新しい2018年からサービスの提供をスタートしているプロバイダー

JPWiMAXです。

 

JPWiMAX

 

JPWiMAXは「Fon」という世界最大のWiFiサービスプロバイダが運営しており、Googleやマイクロソフト、伊藤忠商事などが出資している会社でもあります。

JPWiMAXでWiMAXを契約するメリットとしては、Amazonギフト券10,000円分をもれなくプレゼント中という点です。

他のプロバイダーの高額キャッシュバックキャンペーンとは異なり、JPWiMAXのキャンペーンは端末が届いた翌日に申し込めます。さらに受け取りの手続きもとてもシンプルです。なぜこの点がメリットなのかというと、高額キャッシュバックをアピールしているプロバイダーの多くがそのキャッシュバックを受け取るための手続きがかなり複雑であったり、受け取れる時期が数ヶ月後といったことが多いからです。

この点、JPWiMAXは確実にシンプルにスピーディーにキャッシュバックが受けれる点は魅力です。

さらにJPWiMAXのメリットが、有料のオプションに加入しなくても良い点です。

Jp WiMAX以外の多くのプロバイダーではキャンペンを受け取る条件として、オプション加入を求められることが多いです。もちろんこのようなオプションは契約後すぐに解約の手続きをすれば料金を払う必要はなくコストを抑えることができますが、面倒なことも事実です。この点でJPWiMAXはオプション加入を義務付けられていることがないため、必要なお金を払う必要がありません。

さらにJPWiMAXは月額料金もかなり割安です。

JPWiMAXの月額料金

利用開始~3ヶ月目2,800円
4~24ヶ月目3,500円
25ヶ月目以降4,100円
3年間の実質月額3,465円

キャッシュバックでもらえる10,000円のAmazonギフト券も考慮すると、最初の3カ月間が実質0円でJPWiMAXを利用できることとなります。


ただしデメリットもあります。

JPWiMAXのデメリットはクレジットカートのみの支払いしか受付していない点です。

口座振替希望の方は残念ながら申し込みができません。

 

WiMAXとポケットWiFiの違いについて

 

WiMAXとポケットWi-Fi違いについて今回はご紹介したいと思いますが、どちらも同じ移動先でもインターネットが使える小型の持ち運び可能なWi-Fiルーターのサービスです。ただしこの2つは取り扱いの会社も全く異なります。

今回はこの2つの違いを、それぞれ比較しながら詳しく見ていきましょう。

 

ポケットWi-Fiって何?

 

ポケットWiFi(Pocket WiFi)は、ワイモバイル(Y!mobile)が提供している高速モバイルデータ通信サービスで

ワイモバイルはソフトバンクグループ株式会社が運営する、ソフトバンクのサブブランドです。ワイモバイルとしてスマートフォンや格安SIM/SIMフリースマートフォン、ポケットWiFiなどを販売しています

  • データ通信速度
  • データ通信料と速度制限
  • 月額費用
  • 連続通信時間
  • 契約期間
  • データ通信速度

(参考機種)

 Pocket WiFi 801HW

今回比較に利用するのは2019年の3月7日から発売されています、ワイモバイルのハイスピードポケットWi-Fi801HWです。

データー通信速度について

複数の異なる周波数帯を1つに束ねて大量のデータ通信を可能にする技術「キャリアアグリゲーション」に加え、「4×4MIMO」、「256QAM」により、下り最大972Mbpsを実現しています。

下り最大972MbpsはUSBケーブル接続時です。

ちなみにこのWi-Fiは、5Gの有力技術のひとつのMassive MIMO対応です。

大量のアンテナとビームフォーミングなどの技術により、ひとりひとりに専用の電波を割り当てることで、通信速度が遅くなりがちだった駅や繁華街などの人が多く集まる場所でも快適なモバイル通信を実現するものです。

「Massive MIMOって何?」

ポケットワイファイのワイモバイルがとても強くアピールしているこの真っ白実ですが一体どんな事実なんでしょうか?簡単にわかりやすく説明すると、非常に多い数のアンテナを使う技術です。出力電波の強さや位相(タイミング)を調整し、ピンポイントに電波に強い箇所ができる「空間指向性」を持たせます。周辺にいる携帯電話のうち、特定の端末だけ信号を強めて、他の端末との干渉を抑えられます。

イメージとしては、複数のアンテナから送られてくる複数の電波のタイミングを上手に調整して特定の形の波を作り出す技術ですのでこれをビームフォーミングといいます。

次世代非常に有力であるこのファイブジーの世界において、目標は端末の通信速度を2010年時点の100倍にあたる「10Gbps以上の通信」と言われていますので、このマッシブミーもの技術は非常に有力であると考えられているのです。

  • データ通信料と速度制限

「Pocket WiFiプラン2」の場合は月々7GBまで。

当月利用のデータ通信量が7GBを超えた場合に、当月末までデータ通信速度の低速化

(送受信時最大128Kbps)。

「Pocket WiFiプラン2ライト」の場合は月々5GBまで。

当月利用のデータ通信量が5GBを超えた場合に、当月末までデータ通信速度の低速化

(送受信時最大128Kbps)。

プランは基本この二つですが、もし7GBの制限なくそのまま高速通信を利用したい場合は

オプションサービスである、アドバンスオプションを申し込み、アドバンスモードに設定すると7GBを超えても高速のまま利用可能(3日間で10GB以上利用時には速度制限あり)

 

  • 月額費用について

「Pocket WiFiプラン2」の場合、月額3,696円~。

(アドバンスオプションは月額684円。)

「Pocket WiFiプラン2ライト」の場合、月額2,480円~。

さらにアドバンスオプション以外に、500 MBごとに500円の追加料金を払えば、通常速度に戻すことができます。

通常速度に戻す申し込みは、My Y!mobileから可能。

 

  • 連続通信時間

約10時間

 

  • 契約期間

「さんねん」「バリューセット」「バリューセットライト」は契約期間3年です。

「ベーシック」は契約期間に定めのない契約種別です。

 

WiMAXって何?

 

WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供している高速モバイルデータ通信サービスです。

WiMAXはキャリア回線ではなく、「WiMAX 2+」というWiMAX専用の回線を使用しており、UQコミュニケーションズの親会社はauブランドの携帯電話サービスを提供しているKDDIです。ですのでWiMAXでは、WiMAX 2+の回線に加えて、オプションとして「au 4G LTE」を使うことができます。LTEを使用する場合は速度ではWiMAX 2+に劣りますが、ビルなどの遮蔽物があっても電波が届きやすいというメリットがあります。

ワイモバイルとの比較のための参考機種は、WiMAXの最新機器Speed Wi-Fi NEXT W06です。

 

  • データ通信速度

ギガ越え最大下り1.2 GBbPS

光回線並みの速度です。



  • データ通信料と速度制限

「ギガ放題プラン」の場合、制限なし

(ネットワーク混雑回避のため、直近3日間での利用容量が10GBに達した場合、翌日18時頃~翌々日2時頃(約6時間)にかけて通信速度を概ね1Mbpsに制限あり)



  • 月額費用

契約するプロバイダーのキャンペーン内容やサービス料金によりますが、例えば「JP WiMAX」を利用して契約した場合、

契約してすぐに10,000円分のAmazonギフト券がもらえるため、ギガ放題プランの場合、実質3ヶ月は無料で利用でき、4ヶ月目から3年契約で24ヶ月目まで月々3500円です。

更新月の37ヶ月目からは4100円となります。

 

  • 連続通信時間

約10時間

契約期間

「ギガ放題プラン」は契約期間が3年です。

 

まとめ

 

Wi-Fi端末のスペックを比べても、キャンペーン内容や料金そして通信制限無制限の内容とどれをとってもWiMAXがお得ですね。

 

WiMAXとWiMAX2+の違いを比較解説

 

今回はWiMAXとWiMAX2+というとてもよく似ている二つの違いは何なのかということについて簡単にわかりやすくご紹介していきます。

さらにWiMAX2+の契約においてお勧めのプロバイダーも具体的に見ていきましょう。

 

「WiMAX」と「WiMAX2+」は具体的に何が違うのか

 

簡単に一言でまとめると、WiMAXは古い通信回線で、WiMAX2+は2013年から開始された新しい通信回線です。

そして、2019年7月現在において、WiMAX回線のみを使用するサービスの新規契約はできません。つまりWiMAXの申し込みはWiMAX2+の回線を利用するプランの契約をすることとなります。またWiMAX回線は2020年の3月をもってサービスの終了が決定しているため、今現在の時点では移行段階ということになります。

具体的にこの2つの違いについて見ていきましょう。

WiMAXとは”Worldwide Interoperability for Microwave Access”の略称です。

難しそうですね。

つまり無線通信技術であり通信方式の名称となります。

そもそもWiMAXのサービスは、KDDIグループのUQコミュニケーションズという会社が提供しているものです。

現在外出先や移動先でのインターネットの利用の需要が急増しており、2009年にWiMAXのサービスが提供されてからWiMAXの契約者数は2018年に3000万人を突破しているとのことです。さらに2019年3月には3250万人以上と急速に増加をしているわけですが、ここまでWiMAXが支持された背景は何なのでしょうか?

 

WiMAXの人気の秘密

 

  • 自宅だけでなく屋外でも高速で大容量のモバイルデータ通信の利用が可能である
  • 回線工事が不要でインターネットの利用がすぐにできる
  • WiMAXのWi-Fiルーター1台でノートパソコンやスマートフォンなどすべてのIT機器がネットに接続可能である
  • バッテリーが長時間利用でき、スマホのテザリングと違いインターネットの長時間利用に向いている

 

実際のWiMAXとWiMAX2+のスペックの違い

 

旧回線であるWiMAXと、新回線であるWiMAX2+は性能の面でも全く異なるものです。

通信回線の速度が全く違うのです。

2009年の2月に旧回線のWiMAXが提供開始になった時点での最大通信速度は上りは13.3Mbps(一時期は40Mbps)下りは 15.4Mbpsでした。

そして今現在WiMAX2+のスペックはどうなっているのかというと、

もしかしたら今現在もWiMAXの回線を利用してる方はショッキングな内容かもしれません。

端末の機種の種類にもよりますが、最新型のW06のスペックでは、下り最速1.2Gbps

上り最速75Mbpsともはや光回線の速度と同等またはそれ以上という進化を遂げています。

 

WiMAX2+と旧回線WiMAXの料金プランとサービス内容の比較

 

進化したのは通信速度だけではありません。

旧回線のWiMAXと新回線のWiMAX2+の料金的な比較をしてみると、月額料金はあまり大きな変化はありません。つまり旧WiMAXの1年契約の月額料金と、現在WiMAX2+で提供している7 GB制限プランの月額料金との間には大きな差がないということです。

つまりほぼ同額の月額料金で、通信速度だけが大きく改善されたことになるわけです。

ただし大きな違いは、旧WiMAXの契約をされている方は存じかもしれませんが、WiMAXの基本プランは月間通信料無制限でした。今回比較したWiMAX2+の基本プランは月間7 GB制限となっているため、その点がデメリットになります。

そしてWiMAX2+ではこの通常プランと別に、月間の通信無制限の「ギガ放題プラン」が登場するのです。

旧WiMAXの契約者は、移行措置として月額料金はそのままでギガ放題プランに加入できるという制度もありますので、詳しくはWiMAXに問い合わせすることをお勧めします。

 

新しいサービスギガ放題プランについて注意点

 

直近3日間での利用容量が10GBに達した場合、翌日18時頃~翌々日2時頃(約6時間)にかけて通信速度を概ね1Mbpsに制限されます。

これは混雑回避のための措置なので、この速度制限を解除するために別途料金を払う必要はありません。

 

お勧めのプロバイダー

 

WiMAX2+のインターネット接続サービスを利用する場合にサービスを提供するプロバイダーとの契約が必要ですが、実際WiMAX2 +のサービスを提供しているプロバイダは20社以上あります。今回特にお勧めするのはJPWiMAXです。

2019年の7月現時点においてキャンペンサービスが最も充実している注目のプロバイダです。

簡単に見ていきましょう

 

JPWiMAXのメリット

 

  • Amazonギフト券総額10,000円プレゼントがもらえる
  • 業界初のついにギガ越え最速1.2 GB PSの最新端末機種が0円で手に入る

契約をしようか迷っているという方には、利用するエリアで電波が本当に安定するのが気になるという方も含めて、JPWiMAXでは、「0円お試しレンタル」というサービスを行っています。

1週間WiMAX2+を無償でお試しできる0円レンタル

もし契約に不安がある場合は、是非このお試し0円レンタルサービスをご利用ください。

 

WiMAXって何?

 

「通信料の節約もしたいし、外出先でもインターネットを使いたい」こんなニーズを満たす商品として、最近とても便利で人気なのがモバイルWi-Fiですね。

特にこのモバイルWi-Fiの中でも、キャンペーン内容がとても充実している、WiMAXに注目が集まっています。

今回はこの「WiMAXって何なのか」を「JPWiMAX」例にとって簡単にわかりやすくご紹介します。

 

WiMAXとは

 

WiMAXは持ち運びができる、そして外出先でもインターネットを自由に利用できるモバイルWi-Fiのサービスです。

日本ではKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しています。

持ち運びが簡単なサイズで、屋内でも使えますし、外出先や移動先でもインターネットに接続できとても便利なデバイスです。

設定も簡単ですし、契約してモバイルWi-Fiのルーターが届いたその日からインターネットを利用できます。

今とても注目のモバイルWi-Fiルーターです。

 

WiMAXのメリット

 

それではWiMAXのメリットご紹介します。

  • 回線工事不要である

通常光回線などの固定回線を契約する場合は、業者による開通工事が必要です。また状況によっては、ケーブルを引き込む配線工事も必要になることがあります。しかしWiMAXはこのような回線の工事は必要ありません。

契約してWiMAXのモバイルWi-Fiルーターが届いたその日から簡単な設定でインターネットを利用することができます。ですので出張先や、引っ越し先でもすぐに利用が可能です。また屋外で仕事をする機会が多い方などもかなりお勧めのデバイスとなります。

  • 配線なしで好きな場所で使える

固定回線と違ってLANケーブルでの接続が必要のないモバイルWi-FiのWiMAXなら、電波の届く範囲のところであれば家の中で自由に好きな場所で使うことができます。自宅だけでなく、旅行先に持っていって手軽にインターネットを利用することさえできるのです。

  • 回線速度の速さ

WiMAXの最高速度は下りで最大440Mbps。

手のひらサイズのモバイルWi-Fiルーターで通信速度がそんなに速くなるのか疑問になる方もいらっしゃるかもしれませんが、WiMAXは最高速度が下りで最大440 MB PSです。

またサービスやプラン内容にもよりますが、光回線の回線速度を超えているサービスも提供されています。

  • 速度制限がない無制限のプランがある

通常スマートフォンでは1ヵ月に使用するデータの上限設定がされています。この利用データ量の上限を超えてしまうと、速度制限がかかってしまいますが、WiMAXの提供するサービスの中には、ギガ放題プランといったデータ利用料の無制限のプランのものがあります。ただし混雑回避のための速度制限はあります。この速度制限に関しては、制限解除のための追加料金などは必要ありません。

 

WiMAXをどこで契約するとお得なの?

 

WiMAXは様々なプロバイダーから提供されています。WiMAX自体の商品は同じですから、対応エリアや通信容量そして速度などは、どのプロバイダーでも同じです。とはいえ様々なプロバイダーによって契約時のキャッシュバックやキャンペーンの内容、サポート等に違いがあります。

今回は特に1番お得なJPWiMAXを中心にご紹介します。

 

JPWiMAX

 

もしかしたらこのJPWiMAXを今回初めて聞かれる方もいらっしゃるかも知れませんね?

JPWiMAXは、世界最大のグローバルWi-FiコミュニティーFonの日本支部であるフォンジャパンという会社が代理販売しているWiMAXです。

JPWiMAXの6つのポイント

  • Amazonギフト券のプレゼント総額10,000円がある
  • 月額の料金が最安級さらに3年間ずっと割引がもらえる
  • 業界初のついにギガ越え最速1.2 GB PS
  • 最新機種端末も端末代金が全て0円
  • 月間容量が無制限であり速度制限を気にしなくて済む
  • オプション登録が不要

それでは具体的にお得なポイントを見ていきましょう。

JPWiMAXで契約した後にもし満足いかなかった場合は到着後8日以内に限り、契約解除料なしで解約することができます。この場合4日目以降は契約解除料がかかります。

さらに契約してすぐに10,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

月額料金の3ヶ月分以上に相当しますので、実質の利用料金が3ヶ月無料ということになりますね。

そして3年間ずっと割引が続くポイントについては、JPWiMAXの通常料金は4880円なのですが、まずAmazonギフト券総額10,000円分がもらえるため、最初の約3ヶ月は実質無料で使えます。さらに月額料金×高額のキャッシュバックで総額54,580円分お得になります。

この54,580円の総額の内訳は、Amazonギフト券の総額の10,000円+月額割引の総額が44,580円ということです。ただしこれは契約月を1ヶ月目として37ヶ月目を更新月とする契約内容です。

最後にJPWiMAXのユニークな取り組みについてご紹介します。

いろんなキャッシュバックキャンペーンの内容がお得なのはわかるけれど、まだ契約に不安がある方にお勧めのサービスが「0円お試しレンタル」です。JPWiMAXでは1週間WiMAX2+を無償で試せる0円レンタルを用意さしています。またこのお試しレンタルをした後に気に入って契約をそのまますることも可能ですし、キャンペーン内容も全く同じものが適用されますですのでもし契約に不安がある方はこの0円お試しレンタルサービスをお勧めします。