フリーWi-Fiの危険性とセキュリティ対策を解説します

 

最近は皆さんも街中の至る所でフリーWi-Fiスポットを見かけることが多いかと思います。

カフェやレストラン等の店舗が顧客サービスの一環で提供しているものや、駅や空港などの公共施設でも当たり前のように利用が可能ですね。

またオリンピックに向けて国を挙げての取り組みであったり、災害被災地において携帯電話会社がパスワードなしで利用できるフリーWi-Fiを開放したといったこともニュースにもなりました。

誰でもが無料で手軽に利用できるわけですから、とても便利なものです。ただその一方で、セキュリティーに不安を感じている方も少なくないかと思います。逆に今まで特に何も心配せずフリーWi-Fiを使っていた方には今回の記事がお役に立てるかもしれません。

今回はこのフリーWi-Fiの危険性と、そしてそのセキュリティー対策について簡単にわかりやすくご紹介します。

 

フリーWi-Fiの危険性

 

例えば皆さんは、フリーWi-Fiに接続前に表示されるメッセージで、「このWi-Fiネットワークは暗号化されていません。傍受される恐れがあります。」というもの見かけた事はありませんか?

もしかしたら当たり前のように今まではスルーしてきたかもしれません。

フリーWi-Fiは手軽で誰でもどこでも使えるといった便利なものですが、その一方で危険性もあるのです。

皆さんがフリーWi-Fiのサイトにアクセスしようとして、「この通信は暗号化されていません」という警告が出た場合は、言葉通り暗号化されていないという事ですから、誰でも自由に通信を傍受することができるということを意味します。

皆さんがこれからフリーWi-Fiに接続してインターネットで何をしようとしているのかといったことがすべて丸見えだということです。

閲覧したウェブサイトや、利用しているメールアドレスさらに入力したIDやパスワードこれら全ての個人情報が漏洩する可能性があるのです。

これらのデータを閲覧するために特殊な装置は何も必要ありません。

誰でも無料で手に入れることのできるソフトのネットワーク監視ツールなどを利用して、データの中身をご傍受することができます。

例えば悪意ある第三者が、このような監視ツールを街中のフリーWi-Fiのスポットに仕込んでいるといった可能性もあります。

さらに皆さんの個人情報が傍受されるといったリスクのみならず、お持ちのスマートフォンやパソコンが悪意ある第三者に乗っ取られてしまったり、漏洩したIDやパスワードを使って二時的な被害が発生するといったリスクもあるのです。

 

フリーWi-Fiの セキュリティ対策

 

カフェやファーストフード店でも、そしてホテルや病院、駅、空港などあらゆる場所でフリーWi-Fiは存在しています。

できれば安全に利用したいですよね。

このフリーWi-Fiのスポットでこういった被害に合わないように取れる対策をご紹介します。

1.有料Wi-Fiを利用する

フリーWi-Fiは見かけた方も多いかと思いますが、有料Wi-Fiが存在するのをご存知でしたか?

有料と無料の違いは何なのかというと、1番の特徴は通信の暗号化です。通信が暗号化されているため、皆さんのデータが暗号化され、第三者が傍受するといったリスクがなくなります。

暗号化されてるから100%安心なのかといわれたら100%安心ということではありませんが、かなりの確率でセキュリティーが確保できます。

ちなみにWi-Fiの暗号化は今主流はWPAです。こちらのセキュリティーレベルがとても高く最も新しい暗号化の技術です。

WPAはどういったところがサービスを提供しているのかというと、携帯電話会社やプロバイダーが月額料金300円から500円ほどの価格で提供しています。価格帯が手頃なので対策としては有力ですね。

 

2.VPNを利用する

フリーWi-Fiに接続しているという事は、では、皆さんの周辺にいる方と簡単につながっている状態とも言えます。

そこでVPNの登場です。

VPNは(Virtual Private Network)の略です。

httpsともWi-Fi暗号化ともまた違う技術です。

イメージするならば、皆さん専用のトンネルの中で通信を行うということです。不特定多数の人がネットワークにつながっている状態を避けられます。

最近ではスマートフォンで利用できるVPNのアプリというものも存在しています。

例えばトレンドマイクロが提供しているサービスのフリーWi-Fiプロテクションです。こちらは月額が2900円のアプリとなります。

ただしこのVPNにはデメリットが1つあります。

速度が遅いのです。

他のサーバーを経由して接続するため、VPNはインターネットの回線速度が落ちてしまいます。経由するサーバーの状況にもよりますが、かなり通信速度が落ちると思っていただいて結構です。

これだとセキュリティーを取るか速度を取るかといった2択になってしまいますね。


3.モバイルWi-Fiルーターやテザリングを利用する

フリーWi-Fiの代わりに、モバイルWi-Fiや携帯電話のテザリングを利用する方法です。

フリーWi-Fiと違って、モバイルWi-Fiの場合はそもそも傍受されるリスクがありません。

スマートフォンのテザリング機能でインターネットに接続することも手段としてありますが、この場合だとどうしても携帯電話の通信料金がかなり高額になる可能性があります。モバイルWi-Fiであれば、セキュリティー面でも安心ですし、料金的にも安いプランがたくさんありますので、ぜひお勧めです。