光回線とモバイル回線、それぞれのメリット・デメリットについて

 

インターネット回線を利用する際に、固定回線の光回線がいいのかモバイル回線にしようか迷っている方も多いかと思います。

今回はそれぞれの違いやメリットデメリットを含めてわかりやすくご紹介していきます。

ちなみに固定回線にもケーブルテレビはADSLなど様々ありますが今回比較に対象とするのは光回線とモバイルWi-FiはJPWiMAXです。それではまず固定回線の光回線から見ていきましょう。

 

光回線のメリット

 

1、モバイル回線よりも圧倒的に回線の速度が早い

2、速度制限がない

3、マンションなどの集合住宅の場合は料金が割安になる

4、大手キャリアで携帯電話などを契約している場合は特別な割引が受けられる

回線の回線速度は最大1Gbps、NURO光になると2倍の最大2Gbpsということで、光回線ではギガ超えが当たり前の世界です。さらに通信回線が圧倒的に安定しています。速度制限もほぼないため実質的にはインターネットを上限の存在を気にせずに好きなだけ使うこともできますし、さらにマンションやアパートなどの集合住宅の場合は割引が受けられるので、月額の料金もかなり安くできます。

 

光回線のデメリット

 

1、回線工事をしなければ利用できない

2、引っ越し等の際には手続きが面倒になる

光回線の場合は新しく光ファイバーを開通させるための回線工事が必要になります。この工事費と工事に立ち会う際の手間も必要です。光回線業者もキャンペ-ンを展開していますので、中には工事費が無料になるといったサービスを提供している場合もあります。

引っ越しをする際にも引っ越し先で契約を継続して利用したい場合や、引っ越し先では他社の光回線への乗り換えを希望している場合、いずれの場合も解約や移転手続きが必要となります。

そして新しい引っ越し先で回線工事が必要になるため、工事が終わるまではネットの利用ができないといったデメリットがあります。

 

NURO光

 

今回は回線速度が最大2Gbpsで国内最速の光回線NURO光の内容を見ていきましょう。

「NURO光」はインターネットプロバイダーのSo-netが提供している光インターネットです。

世界最速の回線速度で2Gbpsで、NTTのフレッツ光は1Gbpsですからフレッツの2倍の速度です。どうしてこれほどの最速が出せるのかその秘密はNTTのダークファイバ―です。

フレッツ光を提供するNTTは自前で通信インフラを持っていますが、NURO光のインターネットの接続プロバイダーはSo-netでSo-netを運営しているのがソニーネットワークコミニケーションズです。ただしNTTのように自前の通信インフラを持たないこのNURO光がどうしてこれほどまでに速い速度で実現できるのでしょうか?

先ほどご紹介したNTTのダークファイバーですがこれはNTTが現在利用されてしていない回線を利用するものです。

ダークファイバーでもNTTの通信インフラを利用するのにもかかわらず、フレッツ光が最大1Gbps、NURO光は最大2Gbpsこれほどの差があるのは、両者が利用している通信方式が異なるからです。

NTTはGE-PONという通信方式で、1本の光ファイバーを途中で最大32本に分けて利用します。

上位ネットワークからわけられた回線を利用しているイメージです。

マンションなどの集合住宅ではこの32本に分けられた回線をさらにそれぞれの宅内で分け合う形となります。

一方で、NURO光は通信方式が「G-PON」です。とても良く似ているのでややこしいのですが、NURO光は1本のファイバーを最大8本までしか分けていないということで、より高速通信が可能となっています。

さらに宅内に設置するONUも独自開発した結果最大速度が2Gbpsを実現したということです。

 

NURO光の月額料金とキャッシュバックの内容

 

NURO光 
回線速度2Gbps
月額料金4,743円
工事費用40,000円が0円
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金9,500円
提供エリア関東・東海・関西・九州

NURO光はキャッシュバックが最大で35,000円で基本工事費は実質0円です。さらに初月は月額料金が無料となり構成の無線LANとセキュリティーが標準装備されています。訪問設定のサポートも1回無料となっています。ソフトバンクのユーザの場合はおうち割 光セットと言う割引が使えます。

 

モバイルWi-Fiのメリット

 

1.回線工事が不要

2.移動先でも利用できる

3.引っ越し先でも旅行先でも手続きが不要

4.料金が割安

モバイルWi-Fiは、光回線のような固定回線と違って光ファイバーの開通工事が不要です。モバイルWi-Fiの端末が届いてから簡単な設定をするだけで移動先でも引っ越し先でも簡単に利用ができます。移転先等で手続きをする必要もありません。工事費用が不要なだけでなく、額学の料金も比較的割安です。

 

モバイルWi-Fiのデメリット

 

1.通信速度は光回線と比較すると落ちる

2.速度制限がある

WiMAXの場合は、通信速度が端末によっては最新機種の場合光回線の1ギガに近い速度を出せるものもありますが、安定性という面で見れば、無線でつなげるモバイルWi-Fiは有線接続での光回線と異なりどうしても安定性に欠いてしまいます。

さらにWiMAXの場合は、データ利用料が無制限のプランを選んでも、3日間で10ギガを超えた場合は速度制限が適用されるといった条件があります。

jp WiMAXの場合はデメリットとして支払いがクレジットカードのみとなっています。

それではjp WiMAXの月額の料金を見ていきます。

 

JPWiMAXの月額料金

利用開始~3ヶ月目2,800円
4~24ヶ月目3,500円
25ヶ月目以降4,100円
3年間の実質月額3,465円