WiMAX2+を自宅で固定回線として使用するメリット・デメリット

 

今回はWiMAXを自宅で固定回線として使用する際のメリットとデメリットについてJPWiMAXを参考にわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

WiMAX2+を固定回線の代わりに使う場合

 

WiMAX2+はモバイルWi-Fiのイメージが強く、外出先で利用するということをメインにお考えの方も多いかと思いますが、実際にはWiMAX2+のサービス内容が充実するにつれ、自宅で固定回線がわりに利用するユーザも多くなっています。WiMAXのWi-Fiルーターがあればスマートフォンやタブレットだけでなくゲーム機など様々な機器を無線接続することによって利用することができます。それだけでなく、クレードルと呼ばれる拡張機器がありますが、こちらを利用することでより通信速度が速く安定的な有線接続をすることも可能となります。

さらに最近ではWiMAXにも様々なタイプのルーターが発売されており、自宅でのみ利用する場合などには据え置き型のホームルーターをお勧めします。

 

WiMAX2+を固定回線の代わりに使う際のメリットについて

 

WiMAXを固定回線として利用する場合のメリットの1つが月額料金が安くなる点です。

例えば固定回線は種類によっても異なりますがNTTのフレッツを参考に見ていくと月額料金が4600円にさらにプロバイダ料金が加算されて合計で5000円を超えてきます。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は料金を持ち合うこともできるので少し安くなりますが、この場合でも最安値が毎月3450円です。一方JPWiMAXの料金を見ていきましょう。JPWiMAXでは実質の月額が様々なキャンペーンを利用することで3465円に抑えられます。

さらにauのユーザにはメリットがあります。

auのスマートフォンや携帯電話を利用している方がWiMAXを申し込むとauスマホ料金から毎月最大1,000円割引されるauスマートバリューmineが適用されるためです。WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズという会社はKDDIグループであるためこのようなメリットがあるのです。

さらにWiMAX2+のモバイルWi-Fiであれば固定回線代わりとしてだけでなく、外出先でも利用できるという大きなメリットがあります。自宅では固定回線として利用して、外出先ではモバイルWi-Fiとして利用することが可能なのです。

自宅だけでなく外出先でも頻繁にインターネットを利用したい方はこのWiMAXを一台契約するだけで両方に使えるというメリットはかなり大きいはずです。

もちろん外出先でインターネットを利用する方法としてフリーWi-Fiと呼ばれるスポットを利用するということもできますが、フリーWi-Fiを利用できるエリアが限られているだけでなく、セキュリティー面での脆弱性という面を考慮してもWiMAXをWi-Fiとして使えるのはかなりメリットがあります。さらにスマートフォンのLTE回線を利用する代わりにWiMAXでインターネットに接続するだけで、スマートフォンの通信費を節約することもできます。

 

WiMAX 2+を固定回線の代わりに使う際のデメリットについて

 

固定回線とWiMAXを比較した際に通信の安定性という面で見ると、WiMAXは通信環境によって通信速度が遅くなったり、また電波の安定性が低くなるといったデメリットはあります。

通信の速度に関しては、通常で利用する範囲のインターネット利用であれば特に大きなデメリットは感じる事は無いかと思いますが、大容量のファイルをダウンする場合ダウンロードする場合や、インターネットでゲームなどをする可能性が高い方はデメリットを感じるかもしれません。

もし自宅でWiMAX2+の電波状態が悪い場合でも、別売されているクレードルというオプションを活用することでモバイルWi-Fiルーターを有線LAN接続することが可能となり、無線接続する際よりも安定するということで改善される場合があります。さらに大きなデメリットは通信速度制限があることです。

例えばWiMAX2+の月額の利用料金を節約するために月間の通信料が7 GBという上限のあるプランで契約した場合は、月間の使用量の7 GB超えた時点で通信速度制限がかかります。速度制限を受けた際の最大速度は128Kbpsですので、通常のインターネットの利用にかなり支障が出るレベルとなります。これを解決するために、WiMAX2+を契約する際には月間のデータ使用料の上限のないギガ放題というプランをお勧めします。

3日で10GBという大容量の通信量を消費した場合、その翌日の18時から翌々日の2時頃まで通信速度の制限というものは存在しますが、通常の利用範囲であればこれを上回る可能性はほとんどないといえるレベルです。さらに翌日には制限も解除されるので、実質あまり支障を感じないということです。

 

まとめ

 

このようにWiMAX2+を自宅の固定回線の代わりとして利用することで、自宅だけでなく屋外でもデータ使用料無制限のプランでインターネットを気兼ねなく利用することができるというメリットもあります。特に自宅で固定回線を利用しながら,外出先では携帯電話などのデータを利用したりしている方にはかなりオススメの節約術だと思います。