Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いは何?

 

モバイルWi-Fiを利用するときに、「2.4GHz(ギガヘルツ)」や「5GHz(ギガヘルツ)」といった表記があることに気づいておられる方もいらっしゃると思います。

普段では特に意識しない数値ですが、Wi-Fiでインターネットを接続を利用する場合にはとても重要な数字となります。今回はこの2つの違いや特徴さらに電波障害についても簡単にわかりやすくまとめてご紹介していきます。

 

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzの違い

 

2.4GHzと5GHzとは、Wi-Fiで利用できる電波の周波数帯域の事になります。

周波数帯域とは何かというと、電気信号や電波の周波数の範囲のことです。幅の広さというイメージでも良いかと思います。

周波数帯とかバンドとも呼ばれたりします。

この周波数帯域が広いほど、いちどにたくさんのデータを送ることができます。簡単に言えば、高速通信することが可能になるということです。

次にそれぞれの特徴を見ていきましょう

 

  • 2.4GHzとは

この周波数帯は、建物の中に障害物や遮蔽物があっても届きやすいため、比較的長い距離でも通信が利用可能です。ただしこの帯域は古くから利用されているため、様々な家電製品でも使用しているので、Bluetoothや、コードレスの電話など同じ周波数帯を利用している家電製品と電波干渉が起きやすいのです。

 

  • 5GHzとは

この帯域は比較的新しい帯域ですので、使われている家電製品がとても少なく、電波干渉が起きにくいと言われています。その一方で壁や床などの遮蔽物にとても弱く、金属などによっても遮断したり反射したり吸収されてしまう特徴があります。このため長距離での利用には不向きです。

 

電波干渉について

 

ワイヤレスLANと呼ばれる無線LANや無線Wi-Fiなどを使っている際に、LANケーブルで有線接続をしている時と比べると、Wi-Fiルーターを使用するときには、好きな場所で使えるという自由度が増します。その一方で、「通信速度が遅くなった」とか「雑音が入る」とかまたは「通信が時々中断する」といった通信が安定しない現象が起きる時があります。これは電波干渉という現象が原因で起きているケースが多いです。

 

電波干渉とは

 

先ほど、有線接続と比べると、Wi-Fiルーターでの無線接続の場合は電波の干渉を受けやすくなる傾向があると説明しました。

例えばWi-Fiルーターには、通信速度の理論最大値の記載があります。最近のWi-Fiルーターでは、ギガ越えといったような表現で、固定電話の、光回線等を超える速度の通信速度を誇るWi-Fiルーターも出てきていますね。

ただしこの理論値はそのままの実行速度とは異なります。理論最大値は、あくまでも通信環境がベストの状況において出せる最高速度となりますので、実測値はこれより落ちるのが普通です。

インターネットには接続されているけれど、速度がいつもより遅いなと感じた場合や障害が起きやすい場合は、電波干渉を受けている可能性がとても高いです。

この電波干渉ですが、同じ周波数の中に多くの無線が飛び交っている中で、それぞれの無線がぶつかりあうことでお互い干渉しあってしまう状況のことをいいます。この結果として、通信速度に影響が出るのです。

2通りのパターン

電波干渉に於いてどのような状況にあるのかは大きく分けて2通りのパターンがあります。それぞれを見ていきましょう。

 

  • 複数の無線LANが同じ周波数上で限られた帯域を取り合って障害が起きている場合

このパターンでは、ノートパソコンやゲーム機などが比較的近い距離で複数存在して、それぞれの無線LANシステムを同じ周波数で使用している場合に起きる可能性がとても高いです。

 

  • 無線LANシステムに、家電などによる異なる周波数が重なってシステムに影響与えている場合

このパターンでは、無線LANのシステムは1つしか存在しなくても、電子レンジやBluetoothなど、他の強力な電磁波を発生させている家電が無線LANのシステムに影響与えている場合です。

 

電波干渉を防ぐ方法

 

現在私たちが生活している環境では、家の中に家電が1つしかないといった状況はあり得ません。常に日常的に複数の家電に囲まれて生活しているわけですので、電波干渉は比較的起きやすい現象といえます。出来る限り電波干渉の影響受けなくて済むような方法をまとめてご紹介していきます。

  • 電磁波を発生させている家電からはなるべく距離を取る

電子レンジやBluetoothまたは家庭の固定電話の機械等は、2.4GHzの周波数帯域を利用する電磁波を発生させる家電が数多くあります。とても一般的な周波数帯域になりますので電波干渉を引き起こす可能性が高いです。このためこの帯域を利用する際には、同じような電磁波を発生する家電からはなるべく距離を取ることをおすすめします。モバイルWi-Fiルーターを設置する時も、このような電磁波から守るべく、なるべく距離を置いた場所でWi-Fiルーターを設置するようにお勧めします。

  • Wi-Fiルーターのチャンネルを変える

それぞれが家電で電波干渉を起こしてる可能性がある場合は、Wi-Fiルーターのチャンネルを変えることで回避できる場合が多いです。