夜にインターネット回線が遅くなる理由、その原因と対処法

 

よくインターネットを利用している時に、特に夜に「通信速度が遅くなるなぁ」とか「ネットで動画を見ている最中によく途切れるな」といった経験をしたことはありませんか?

今回は「夜にインターネット回線が遅くなる理由について」その原因と対処法をご紹介します。

 

インターネットはなぜ夜に速度が遅くなるのか

 

では実際に、夜間の時間帯にどうしてインターネットの速度が遅くなるのかについていくつかの理由を挙げてみます。

1、サーバーが混雑している

夜の時間帯にインターネットの回線が遅くなる最大の原因は、インターネットのアクセス者の増加です。

どうしてもインターネットは、1日の中で夜の時間帯にインターネットを利用する人が増える傾向にあります。インターネットを道路で例えるなら、交通渋滞が起きているといった状態に近いです。

たくさんの人がインターネットを利用することで、通信に混雑が起きて接続が遅くなってしまうのです。

サーバーって何?

IT用語辞典によれば「サーバーとは、コンピューターネットワークにおいて、他のコンピューターに対し、自身の持っている機能やサービス、データなどを提供するコンピュータのこと。また、そのような機能を持ったソフトウェア。」とあります。

サーバーのおかげでできることはたくさんあります。

皆さんがブログサイトの閲覧や更新ができるのも、またメールの送受信ができるのもサーバーのおかげですし、動画の配信やネットショッピングまたはオンラインゲームなど様々なことがサーバーを通して利用可能になるわけです。

サーバーというコンピュータがに担っている役割は非常に大きいです。

またサーバーはこのように情報を提供する側のコンピューターであるため、一般家庭で使っているようなネット回線では世界中にいるユーザが安定して接続するには不十分です。そのため数百人、数千人、数万人以上が同じタイミングで接続しても問題のないような専用線が必要になります。

例えば皆さんがYouTubeの動画を見ようとして、特定のYouTubeのサイトが、何らかの理由でアクセスが短時間で異常に集中してしまった場合は、同時期に多量のアクセスが発生するためにサーバーの処理能力が追いつかなくなるため遅くなってしまいます。

この場合にどういう対処法が取れるのかという事ですが、サーバー側に問題があってインターネットの通信速度が遅くなっている場合は私たち側ができる事は唯一、アクセスの混雑を避けるだけです。しばらく時間をおいてから接続するといった方法しかありません。

2、プロバイダーに問題がある場合

インターネットの接続業者であるプロバイダーが問題で通信回線が遅くなる場合は、まずは通信速度を調べるサイトがありますので、そちらで速度の測定を行います。

測定速度の数値が低く、さらにすべてのサイトで遅い場合はプロバイダーが原因の場合が多いですし、後ほど述べるパソコンの問題やWi-Fiの問題といったことも考えられます。

プロバイダー側が問題で通信速度が遅くなることが頻繁にあるようであれば対処法としては、プロバイダーを変更するということです。

3、それ以外の原因

  • 電波干渉が原因の場合

夜の時間帯だけでなく、使っているWi-Fiのルーターが、電子レンジの近くにあるとか、大きな壁などの障害物の近くにあって電波障害を受けているために、回線の速度が遅くなるといったケースがあります。このような場合は、Wi-Fiのルーターなどを電波障害の起きにくい場所に移動させるか、端末の機器をWi-Fiの近くで接続するようにするといった方法が取れます。

  • パソコンのスペックが原因の場合

通信回線の速度は高速であるにもかかわらず、パソコンのスペックが低いとインターネットの処理能力が低く高速回線のメリットが活かせない場合があります。

またパソコンと関連する意味で、OSに原因がある場合があります。

古いOSのままよりも新しいOSの方がサクサク稼働します。

さらにパソコンにインストールされているセキュリティーソフトが原因の場合もあります。

インストールされているセキュリティーソフトが2つ以上の場合に、それぞれが影響しあってしまって回線の速度が遅くなっているケースです。このような場合は、一度このセキュリティーソフトを停止して確認することが大切です。

  • LANケーブルが原因の場合

皆さんが普段何気なく接続に使っているLANケーブルにも、最大速度が決まっています。

例えば1G対応のLANケーブルには『1000BASE-T』と記載されています。

100Mまでしか対応していないものは『100BASE-TX』です。

実際に今使っているLANケーブルがどちらかを知りたい場合は、『CAT-5E』とケーブルに書いてあれば1G用、『CAT-5』と書いてあれば100M用です。

試しに一度ご自宅にあるLANケーブルを見てみてください。必ず記載があります。

ちなみにLANケーブルが1GB用であっても、ランポートのスペックも重要です。

ランポートが1GBに対応していないのであれば1GB対応のLANケーブルを取り付けても100Mの速度にしかなりません。

  • LANケーブルがきちんと接続されていない

とても単純な原因ですが、LANケーブルがしっかり差し込まれていなかったり、抜けてしまっていたり、またはLANケーブル周辺に埃が溜まっていたりする場合も通信速度が低下する原因となります。

これらの様々な原因を確認して、ぜひ快適なインターネットライフに役立ってください。